新米WEB担当者のための
知恵袋

企業内のWEB担当者として知っておかなければいけない基礎知識や
日頃の業務で使えるTipsをシーエスアールSTAFFよりお届けします。

検索結果が変わる?Google検索エンジンのモバイル ファースト インデックスとは?

  • #SEO
スマートフォンから検索

WEB担当者であれば多くの人が自社サイトの検索順位を気にしているはずです。
そしてGoogleがどのような仕組み(アルゴリズム)でWEBサイトの順位付けをしているのか知りたいはずです。
残念ながらランキングアルゴリズムはブラックボックスでSEOの専門家でも全容の把握はできません。

しかし決して何もわからないわけでもありません。
これまでアルゴリズムがアップデートされたとき、新しい仕組みが導入されたときにGoogleはその概要を公にしてきました。

2018年3月27日、Googleがモバイル ファースト インデックス(MFI)をアナウンス

2018年3月27日にGoogleは検索エンジンに関する仕組みの変更についてアナウンスを出しました。それがモバイル ファースト インデックス(MFI)と呼ばれているものです。
1年以上も前から近いうちに導入されるのではないかと噂が広がってはいましたが、ついにGoogleから「MFI導入始めたよ」と公式に発表があったわけです。

ではこのMFIとはいったいどんなもので何が変わるのでしょうか?

結論からいえば、MFIは過去のアルゴリズムアップデートのように検索順位に変化を起こすことを目的にしたものではありません。
今のところ、これで検索順位が変わってしまう可能性は極めて低いと捉えてよいでしょう。
しかし絶対に順位変動が起きないという保証はありません。

WEB担当者であればMFIが何なのかを正しく理解し、どのようなWEBサイトの場合に注意が必要なのか知っておきましょう。

MFIとは何か?何が変わるのか?

検索順位が決まる流れ

Googleの検索順位はおおまかにいうと以下の過程を経て決まります。

  1. クローラーと呼ばれるWEBページの収集ロボット(プログラム)が世界中のWEBページにアクセスします。
  2. クローラーがアクセスしたWEBページはGoogleの検索エンジンに登録されます(これを「インデックスされる」と呼びます)。
  3. 登録されたWEBページは、
    • どのくらい他のサイトからリンクされているのか?
    • スマートフォンに対応したサイトか?
    • ページの読み込み速度はどうか?
    • 更新頻度はどのくらいか?
    などたくさんの評価項目においてGoogleのプログラムのチェックを受けます。
  4. これらGoogleの評価が、検索順位を決めるアルゴリズムを通して検索結果に反映されます。

PCを使って何かを検索したときの検索結果とスマートフォンから検索したときでは検索結果は異なります。
これは検索順位を決めるアルゴリズムがPCのときとスマートフォンのときで異なるためです。
スマートフォンの検索結果ではスマホに最適化されたWEBサイトのほうが上位になりやすい傾向があります。

クローラーが見ているのはPC向けページだけだった

PCとスマートフォンで検索結果が異なると書きましたが、PC向けのページとスマホに最適化されたページが両方ある場合、実はGoogleのプログラムがチェックするのはPC向けページだけでした。

これまでのWEBページの集められ方

「えっ、スマートフォンの検索結果では、スマホ最適化されたWEBサイトのほうが上位になりやすいのではないの?」と驚かれるかもしれません。

確かにこれまでも「スマホ向けページがある」という点は検索結果に反映されてきました。
しかしこれは「スマートフォンに最適化されたページがあるかどうか?」という、チェック項目の1つに過ぎません。
ページの内容や、そのほかの評価項目ではPC向けページだけがチェックされ、スマホ向けページがあったとしてもその中身は無視される仕組みだったのです。 

これを改めるのがモバイル ファースト インデックス(MFI)というわけです。

MFIでクローラーがスマホ向けページを見るようになる

MFIが適用されると、PCからの検索であれスマートフォンからの検索であれ、スマホ向けページをもとにしてGoogleのチェック・評価が行われるようになります。

注意したいのは「PCからの検索も」というところです。
PCからの検索のときはPC向けページを、スマートフォンからの検索の時にはスマホ向けページをといったように、ランキングを決める評価に使うページを、ユーザーのデバイスに応じて分けるわけではありません。

MFIでのWEBページの集められ方

こうしてGoogleがスマホユーザーを大きく意識した検索エンジンの新しい方針を示したことで、スマホ向けコンテンツが重要視される流れが今後一段と加速していくことでしょう。

MFIが適用されると困る例

たとえば、PCサイトには詳細に商品情報が書かれているけれどスマホ向けサイトでは簡略化して最低限のことしか書かれていないサイトがあったとします。
MFIではスマホ向けサイトをもとにインデックスされます。この場合、詳細な商品情報はスマホ向けサイトには載っていないので、検索結果に反映されないことになります。そうなると順位が下がってしまう可能性もあります。

MFIが適用されると困る例

とはいえ、このようなケースの場合、すぐにMFIが適用されることはありません。
今のうちに将来に備えてサイトを見直しましょう。

MFIはサイトごとに個別適用されていく

PCでの検索結果にもスマホ向けページの内容が反映されるという点にも注意が必要ですが、もう1点覚えておきたいのはMFIはすべてのサイトに一括で適用されるわけではないということです。
サイトごとに、MFIに切り替わってもランキングに影響が出ないような準備ができているかどうかチェックされます。
準備ができていると判断されたサイトからMFIが適用されていきます。

MFIが適用されても問題が起きないための準備とは?

それではランキングに影響が出ないような準備とはいったい何を指すのでしょか?Googleが具体的に示しています。

  • レスポンシブデザインのサイトになっている(PCスマホ共用のページで画面幅に応じてデザインが最適化されるサイトのことです)
  • PCページとスマホページが分かれている場合は、ページ内容に大きな差がない(たまに見かけるスマホページだけ簡略化して内容が薄いサイトは準備不足ということです)
  • PCページとスマホページが分かれている場合は、PCページ⇔スマホページの相互関係を示すためのHTMLタグが設定されている

他にも、Googleのチェックを受けることが細かくあるのですが、自社のサイトがどうなのか知りたい方は弊社で確認いたしますのでお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

MFIはきっかけ。WEBはモバイル・ファーストの発想が求められる時代へ

上に挙げた準備がまだのサイトではMFIがすぐに適用されることはありません。
しかし、ここで挙げた要件は決して特別なものではなく、スマートフォン用サイトとして本来あるべき形を示しているにすぎません。

いま、制作会社も企業のWEB担当者も、PC主体で進められてきた従来のWEBサイト制作の考え方を見直さなければいけない時期に差し掛かっています。

たとえば簡略化され、PC向けページに比べてコンテンツが少ないスマホページは、ユーザーが必要としている情報を提供できているでしょうか?

iPhoneが世に出始めてまもない頃はまだそれでもよかったかもしれません。しかし今やモバイルを中心にしてコンテンツや構成を考えることを無視することはできません。むしろ日に日にその必要性は増しています。言葉通り「モバイル・ファースト」の発想が求められる時代だということです。

WEB担当者であれば、スマホユーザーにとってどうだろうか?使いにくくないだろうか?必要な情報が見れるだろうか?そんな「モバイル・ファースト」視点を持って自社のサイトを見返してみてください。

MFIについてわからないことにお答えします

Q.スマホサイトがない。検索結果に自社サイトが表示されなくなってしまうの?

PCサイトしかない場合もMFIが適用される可能性があります。
ただし適用されたところでスマホサイトがないので、クローラーはこれまで同様PC向けサイトをもとにインデックス・評価を行うことになります。
検索結果から消えてしまうということはありません。

実質変わらない、つまりランキングに影響が出ないのでMFIの適用対象となります。

大きな心配は不要ですが、スマホサイトの重要性が高まっているのは否定できない事実です。スマホに最適化されたサイトの作成を検討したほうがよいでしょう。

Q.スマホサイトがないので検索順位が下がってしまうかも?

MFIはスマホに最適化されているサイトの順位を上げる(もしくはPC向けサイトしかないところの順位を下げる)ための仕組みではありません。
クローラーはこれまで同様PC向けサイトをもとにインデックス・評価を行うだけです。MFIの影響で順位が下がことはありません。

ただし注意が必要です。

PCサイトしかない場合もMFIが適用される可能性があります。
適用されたところでスマホサイトがないので、これまで同様PCサイトがインデックス・評価されるだけで何も変わりません。

注意したいのは新しくスマホサイトを作ることになったときです。

もし新しく作るスマホサイトが、MFIに向けた準備の足りていないサイトだった場合、引き続きPC向けサイトがインデックス・評価に使われることになります。
しかし、スマホサイトを作る前にMFIが適用されていた場合、準備不足のスマホサイトがインデックス・評価に使われてしまうことになります。

PCサイトに比べて簡略化され、コンテンツも内部リンクも少ないスマホサイトでは、すぐにはMFIは適用されることはないでしょう。しかし、すでにMFIが適用されているところに、そのようなスマホサイトを作ってしまうと、PCサイトだけだった時よりも順位を下げてしまう恐れがあります。

これから自社サイトをスマホ対応させようと考えている方は、簡略化されたスマホサイトではなく、PCサイトと同等・あるいはそれ以上に充実したものとなるよう心掛けてください。

Q.スマホサイトはあるがPCサイトに比べて内容が簡略化されている。このままではMFIで順位が下がってしまうのでは?

PC向けサイトとスマホ向けサイトの内容に大きな違いがある場合、すぐにMFIは適用されることはありません。

しかし、いつGoogleがMFIの仕様を変えるとも限りません。
また、スマホサイトの重要性が高まっているのは否定できない事実でもあります。
PCとスマホでサイトのコンテンツが同じでない場合、早急に対応を検討したほうがよいでしょう。

Q.MFIはあるタイミングですべてのサイトにいっせいに適用されるものではないの?

MFIは準備が整ったサイトから順次、適用されていきます。
ここでいう「準備」とは、MFIが導入されてもランキングに影響が出ないと予想されるサイトを指します。基本的にはPC向けサイトとスマホ向けサイトに書かれている内容・ボリュームに差異がないものと捉えてよいと思います。

将来Googleが「準備が整った」の基準を変えてしまう可能性もないとはいえません。
PCとスマホでサイトのコンテンツが同じでない場合は早急に対応を検討したほうがよいでしょう。

Q.ランキングを変えるわけではないのならどうしてGoogleは新しい仕組みを導入するの?

これまでスマホの検索結果はPC用ページをもとに生成されてきました。そのため検索結果に表示されているタイトルや概要文とスマホページにアクセスしたときの内容が乖離しており、ユーザーが欲しい情報を得られないことがありました。

検索結果とページの乖離

世界中のWEBページへのアクセスの多くがPCからスマートフォンへとって変わった今、1つにはこのような問題を改善するためにMFIが導入され始めました。

Q.自社のサイトはレスポンシブデザインのサイトなのだが

スマホ専用サイトではなく、PCスマホ共用で画面幅に応じてデザインが最適化される仕組みがレスポンシブです。
レスポンシブサイトの場合MFIが適用される可能性がありますが、もともとPCスマホのコンテンツが同じなので、あまり気にする必要はないでしょう。

Q.結局どうすればいいの?

まずは自社のWEBサイトがスマートフォンに最適化されているか、最適化されているとすればPCサイトと比べてページ内容に不足がないか確認しましょう。
スマホ最適化ページがない、もしくはボリュームが少ない場合、すぐにMFIは適用されません。

とはいえスマホサイトの重要性が高まっているのは否定できない事実です。スマホ最適化サイトの作成や改善を検討したほうがよいでしょう。
また、将来MFIの仕様が変わって、準備不足なままのスマホサイトがインデックス・評価に使われてしまうかもしれません。
スマホ最適化サイトの作成や改善を検討したほうがよいでしょう。

スマートフォンに最適化されていてボリューム共にPCサイトと遜色ない場合、もしくはレスポンシブデザインのサイトの場合は早いうちにMFIが適用される可能性があります。

Google Serch Consoleを確認

適用された場合はGoogleのSerch Consoleというサイト管理ツールにメッセージが届きます。
MFIの影響だけでランキングが変わってしまう可能性は低いですが、クローラーが自社のPCサイトを見ているのかスマホサイトを見ているのか気にしておいたほうがよいでしょう。

分からない場合は弊社にお問い合わせ下さい。MFIに切り替わったかどうか代行して確認いたします。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

まとめ

モバイル ファースト インデックス(MFI)とはつまるところ、WEBページの情報を収集するクローラーがPCサイトのコンテンツを見るのかスマホサイトのコンテンツを見るのか、それだけの話になります。検索順位を決めるアルゴリズムが変わるわけではありません。
しかも両者のコンテンツ量・内容に差がある場合、MFIはすぐには適用されません。
Googleはランキングに影響が出ないよう慎重にMFIを適用していく方針も示しています。

スマートフォン対応が重要なことには変わりない

しかしスマートフォンに最適化していない場合、スマホからアクセスしたユーザーに不便を感じさせることになります。スマートフォン最適化はしているけれど内容が薄い場合も同じです。

そもそも今回のMFIとは別にGoogleの検索エンジンは「モバイルフレンドリー」という仕組みを取り入れています。スマホに最適化されたWEBサイトほどスマホからの検索結果で上位に表示される傾向があります。

MFIにしても今後どういう扱いになっていくかはわかりません。
すべてのサイトがMFIに切り替わって、検索順位ががらっと変わってしまう事態が絶対に起きないと保証することはできません。

MFIで大きく検索順位が変わるわけではないと知って安心して終わりにせず、
WEBサイトのスマートフォン最適化・改善を検討するよい機会と捉えるべきでしょう。